2012年7月アーカイブ

 
こんにちは。
ハンズセラピーの屋根内です。
 
 
前回は、「胃腸を冷やさないように気をつけましょう!」とお話をしましたが、
これからの時期は冷房をつけることも多くなってきますよね。
 
 
皆さんも経験あると思いますが、冷房は足がかなり冷えます。
 そして、足の冷えた血液が心臓に戻る時に内臓や腰などを冷やしてしまい腰痛や腹痛の原因になったりもします。
 
 
当院には遠赤外線温熱ドームがありますので、冷房や冷たい飲み物などで体を冷やしてしまっている方は、
遠赤外線温熱ドームで体の深部を温めながらの施術をお勧めします。
 
 
温熱ドームをあてるポイントは腰・お腹・足の裏の3点ですが、足の裏であれば施術を行いながら併用
することもできます。
 
 
また遠赤外線で腰を温めると、腎臓の機能が高まります。
その結果、血液の浄化力が高まり、副腎皮質ホルモンの分泌が促されますから、炎症の治癒も早くなります。
 
 
「私の症状は冷えが関係してるかな?」と気になる方はご相談を(^o^)。
夏場の遠赤外線治療は暑いですけど・・・(汗)。
 
 
hieshou.jpg
 

 

こんにちは、ハンズセラピーの屋根内です。

 

最近、湿度が高くムシムシとした暑い日が続いていますね。

これだけ暑くなってくると、飲み物も冷たいものが飲みたくなります。


 

でもでも、冷たい飲み物をがぶがぶと飲むのは気をつけましょう!

 

中医学や免疫学では、「胃腸につめたい飲み物を入れると、体力や免疫力が著しく低下する」と言われています。

体力が低下すると疲れやすく、免疫力が低下すると病気にもなりやすくなってしまうと言うことですね。


 

中医学の基本は、「腎と胃腸を温めること」なので、中国人は、真夏でも冷たいものはほとんど口にはしないそうです。

皆さんも今年の夏は胃腸を冷やさないよう気をつけましょう!

 

さすがに、これだけ暑くなってくると温かい飲み物はきついと思いますが、冷たい飲み物ならできるだけがぶがぶ飲まずにゆっくりと飲むように心がけるといいです。
 

 

bi-ru.png