ぎっくり腰の最近のブログ記事

 

こんにちは、整体院ハンズセラピーの屋根内です。

 

さて、今日は「ギックリ腰」や「寝違い」「五十肩」などの急性な痛みでの施術についてお話しします。

 

開業してから今までにお客さんから「ギックリ腰や寝違い、五十肩などの痛みがあるときはさわったらあかんよね?」と何度か聞かれたことがありました。

 

たしかに炎症などが起きて痛みがでている場合、炎症が起きている部位はあまり揉まないほうが良いです。

 

でも私たちのような整体師がまったく無力なのかと言うとそうではありません。

 

皆さんには施術中に「カラダは全身が影響していますよ」という話をしたことが一度ぐらいはあるかと思うのですが、痛みと言うのは痛みのでている部位だけが悪いのではありません。

 

痛みのでている部位以外のところにも悪くなっているポイントと言うのが必ずあるものです。

 

例えば、ギックリ腰の場合であればお腹や太ももの内側などが深く関連していることが多いです。
ですから、炎症のひどい場合は痛みのでている部位を全く触らずに関連している他の部位を調整し施術をしていくこともあります。


 

ギックリ腰や寝違いの場合、一回の施術では痛みが残るかもしれないですが、カラダのバランスを調整することで、動きが楽になり、その後の回復のスピードがぜんぜん違ってくるのです(^o^)。