整体の最近のブログ記事

 

こんにちは、ハンズセラピーの屋根内です。

 

最近やっとポロシャツの中に長袖を着るようになりました。
仕事もやりやすい最高の気温です。


 

さて、これから紅葉の季節ですね~(^o^)。
車で遠くまで出かける方もたくさんいらっしゃると思います。


 

そこで、車酔いの方に朗報です!
整体では車酔いを予防するテクニックがあります。


 

私自身、小さい頃よく車酔いをしていたのでつらさがよくわかります。
賀田と尾鷲の間で必ず「ゲボッ」とやってました。
あれ、かなり苦しくてつらいですよね(涙)。


家族で帰りに食べる「どさんこ」のラーメンが好きだったのに気分の悪さで食べられなかったですから(笑)。

 

この車酔いを予防するテクニック、少しのアドバイスで使えるようになりますからお困りの方はアドバイスします。

 

もしご自分が大丈夫でも、皆さんの周りに車酔いで困っている方たちがいたらやってあげるととても喜んでもらえると思いますよ(^o^)。

 

 

最近急に寒くなってきましたね。 

今日は、東洋医学的な風邪予防をお届けします。

最近、寒さと乾燥で風邪をひいている方をよくみかけます。
先日、私も少し熱っぽかったので、だるそうな顔で電話の下から体温計を取り出し測ってみたら「36.5℃」・・・。

 

まったく問題のない平熱。
何事もなかったように、体温計を電話の下に戻しました(笑)。

 

さて、話を戻しますが、東洋医学では風邪に効くツボというのがあります

 

場所は、首を前に倒した時に、一番出っ張っている背骨です。
正確には、首の骨の7番目。ここが大椎(だいつい)というツボ。

 

もう一つは、さきほどの大椎から3cmほど下の背骨の両側。
風門(ふうもん)と言うツボ。

 

一人でツボを刺激するのはむずかしいので、ここでとっておきのやり方をご紹介します。

 

ヘアードライヤーでさきほどの大椎のツボを温風で温めてください。
火傷しないほどにね。

 

これでも、効果があります。

 

カラダが「ゾクゾクッ」とした時、また風邪のひきはじめに一度お試しを(^o^)。

それと、大椎や風門を冷やさないことがとても大事です!。
「整体で風邪の予防したい!」て人は風邪に効くツボを私がしっかりと調整しますのでお任せください。