血液の汚れの最近のブログ記事

 
こんにちは、ハンズセラピーの屋根内です。
 
 
最近のニュースで「動脈硬化の低年齢化が進んでいる」と言うのを見ました。
動脈硬化の高校生を対象にした調査では危険因子は70%以上を占めたという結果も出ていました。
 
 
恐い数字ですね~!
 
 
日本人の三大死因であるガン、心臓病、脳卒中、そのうちの心臓病と脳卒中は動脈硬化が要因となる病気です。
 
 
動脈硬化と言うのは、血液が汚れ血管の中に汚れが溜まり血管を細くし、血液が詰まりやすくなったり、血管が破れやすくなってしまった状態。
 
 
最近の若い方たちの肩こりや腰痛が多いのも動脈硬化が進み血液循環が悪くなってしまっているのも関係しているのかもしれません。
 
 
このように動脈硬化の低年齢化が進んでしまった要因は、食生活が大きいそうです。
小さいころからお腹いっぱい食べ続け、栄養過多になり血液を汚してしまっているのですね。
 
 
その他にも、運動不足や人間関係などのストレス、パソコンや携帯電話などの電磁波の激増などがあります。
 
 
これからの時代、自分自身で健康管理を意識していかないとダメなのかもしれませんね。
 
でもこんな方もいると思います。
「わかっちゃいるけどおいしいものも食べたいし、仕事に行けば嫌な奴がいてストレスも溜まる(笑)、ある程度の運動もしないといけないのもわかってる」。
 
 
こんな方は当院の特殊電子治療器にぜひ座りに来てください。
電子治療はすぐに効くものでもないし、万病に効くわけでもありませんが、薬にも他の治療器にも出来ない「血液の質」に作用します。
 
 
健康であり続けるためには血液をきれいに保つことが大切なことですから(^o^)。
 
 
 
特殊電子療法がわかる本はこちら!
 
 koudeniryouhou1.jpg電子でつくる血液サラサラ健康生活―厚生労働省認可高圧電位治療器のすべて
 
 
 

 

こんにちは、ハンズセラピーの屋根内です。

 

ここ2、3日少し涼しくなってきましたね。
まだまだ、昼間は暑い日が続くでしょうが後もう少しです。


 

夏に入ってから、食生活がかなり乱れてます。
バーベキューに飲み会、毎日の冷たいビールなど・・・。


 

食生活もカラダのコリや痛みに関係してるの知ってます?
どのように関係するのか説明していきます。


 

1、食生活が乱れると、血液が汚れます。

2、血液が汚れると、ドロドロ血液になり流れが悪くなります。

3、血液がドロドロになり流れが悪くなると、筋肉に栄養と酸素が行き渡らなくなり、筋肉の柔軟性がなくなり硬くなってきます。

4、筋肉が硬くなると、カラダのコリ感や痛みを感じ始める。

5、コリがひどくなると血管を圧迫しさらに血流が悪くなると言う悪循環になる。


 

こんな感じで、食生活とカラダのコリというのは関係があるのです。
食生活を意識することはとても大切なことなんですね!


 

「食生活って言ったって、毎日うまいもん食べたいしビールも飲みたいんじゃい!」と言う私のような人は当院の特殊電子治療を行って血液をきれいにしていきましょう(笑)。